からだとココロにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、鼠径ヘルニア、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

症状:気分障害,うつ,認知症

やる気スイッチ、入れてみた。

悩み事 ストレス過剰状態の夫の疲れが取れず、集中力のなさが目立ってきた。 からだが重く、やる気がおきない。集中力がないので、段取りが悪くなり、忘れ物やミスが目立つ。そして、気を落とす。の悪循環。 休日の予定を断り、1日中ごろごろしても疲れとス…

マグネシウムを飲んでみた。ストレス・不安、そしてこむら返りにも効いた!

◆悩みごと ここのところ、仕事のストレスで気が滅入ってきている様子の夫。げっそりしている。もしかして鬱っぽい?。だいじょうぶかな・・・。 数年前、疲れ切って慢性疲労症候群を患った時の姿が頭をよぎる。当時は、「仕事(お金)」よりも「生きているこ…

うつかな?と思ったら見るメモ

うつかな?と思ったら見るメモ (ほとんどが廣瀬先生のアドバイス) まずは自律神経の不良を考える ①起きる時間、出かける時間を決める。 ②甘いものや炭水化物を制限する。 この2点を2週間。メリハリの効いた生活で、交感神経が動きだし、最初はきつかった…

神経痛やこころの安定にビタミンD

私も夫も、どちらかというとセンシティブ(繊細)な部類に入ると思います。 なので、結構な頻度で精神的疲労を感じます。 うつ病とまではいかないものの、うつっぽく感じます。 人と会いたくない!って強く感じることも多々あります。 夫は、一人の時間が大…

内気?繊細であることが、まるで良くないことのよう・・・

おとなしい人が馬鹿にされている場面、よく見ます。 何も言い返さないから、静かにじっとしているから、「内気だ」「シャイだ」と言われるのです。 あなたはHSPではありませんか? Highly Sensitive Personのことで、人口の15~20%がこのタイプなのです。 病…

糖質制限で改善。鬱やいらいら、自閉症や調症まで・・・

夫の体調不良がきっかけで知った「機能性低血糖症」。 本当に様々な病気・生活習慣病・不定愁訴と関係していることがわかり、いろいろ情報集めをして良かったなと感じています。 夫も近頃、かなり自分なりに「血糖値コントロール」が出来るようになり快適に…

頭すっきり!バターコーヒー♪

最近、話題のバターコーヒー♪ まだ、「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」デイヴ・アスプリーさん著 を読んでいないので図書館で予約をしているところ。 が、待てずに各種情報サイトをあちこちさぐり、まずは作って飲んでみました。 と~っても美味し…

ジュースを飲むのやめました。

夫が体や気分のだるさを訴えはじめてからというもの、 原因をいろいろさぐっているうちに、「糖」が体に与える影響がいろいろわかってきました。 そして、ついに市販のジュースはいっさい飲まないことにしてみようと決心。 たとえ、それが100パーセントのフ…

専門家の言葉:グルテン

私たちのデータによれば、グルテン過敏症は原因不明の神経疾患を抱える患者に共通しており、病因的意義があるかもしれない。 グルテン過敏症は第一に、そしてときによってはもっぱら神経疾患なのだ。 マリオス・ハジヴァッシリウ博士 イギリスの王立ハラムシ…

夫の不調、低血糖を疑ってみた。

「機能性低血糖」をご存知でしたか? 簡単に説明すると、血糖値を異常なスピードで上げてしまう食べ物が体内に入った時、上がり過ぎた血糖値を下げようとインスリンが沢山出てしまい、逆に血糖値が下がり過ぎてしまう状態のことだそうです。 そうなると、ど…

香りとこころ,香りとからだ

出来てしまったチョコレート膿腫やその他の腫瘍、小さくするには私達の身体に本来備わっている”免疫機能”をUPさせることも大切なようです。 免疫UPに役立つ方法はいろいろありますが、香りの持つ作用は非常に大きいようですね。 資生堂の研究では、イランイ…