読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からだとココロにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

小麦粉-避けたい食べ物 調査中

f:id:Irene43:20160706130442j:plain

 

小麦粉をつかった食品って本当に多いんですよね~泣

特にパン好きなわたしとしては、小麦製品を避けるのは本当に大変です。

でも、そもそもなんでそんなに小麦が悪いのでしょうか。

 

理由としては

①現代の小麦は、品種改良を重ねたために、本来の小麦ではない。

 ※品種改良という名のもとに行われた遺伝子操作であるという意見もある。

 

②精製された小麦は、ふすまや栄養が多く含まれている胚芽が取り除かれているため。

 ※石臼びきの全粒粉は良いのではないかという意見もある。

 

③例えオーガニックであっても、輸入品はポストハーベストの危険がある。

 (輸送の際にふりかけられる農薬)

 

というところでしょうか。

 

もう少し詳しく知ると、ちょっと怖くなってきます。

例えば、お医者さんのウィリアム・デービスは、小麦は「中毒性のある毒物だ」とまで言っています。

日本でも彼の著書「小麦は食べるな」が出版されました。

英語ですが、ブログもあります。

www.wheatbellyblog.com

 

いったい現代小麦の何が悪さをしているのでしょう。

その一つには、「グリアジン」という成分があります。

 

この「グリアジン」、 古代小麦にはなかったタンパク質で

精製された砂糖よりも急激に血糖値をあげてしまいます。そしてその代謝物の影響で麻薬と同じ反応を起こすという研究結果が出ているそうです。

菓子パンを食べた時に何ともいえない「幸福感」があるのはそのためでしょうか。

そして、「また食べたい、もっと食べたい」と思ってしまいますよね。

まさに麻薬です。

反対の反応もあります。とある方のブログを見ていましたら、しばらく小麦を断った後、小麦製品を食べてみたら、胸のモヤモヤがはじまりイライラしだし切れやすくなったとありました。そして15~30分で治まるとのこと。

まさか私も?と思ったかたおられると思います。

最近の子供達が切れやすいこと、発達障害が増えていること、小麦が原因であることも徐々に研究されています。

 

さらに、腸への悪影響もあります。

グリアジンは、腸内粘膜細胞を破壊、免疫刺激、腸管壁の浸透性の悪化、炎症促進の作用もあるとのこと。

※(腸管壁の浸透性の悪化)はリッキーガットと言われていて、他の情報源によると、機能性低血糖の方がこの問題を持っている場合は小麦を含む一切の炭水化物を避けるべきとありました。

-栄養医学研究所

http://www.nutweb.sakura.ne.jp/iframe/03_ippan/03lgs/lgs.html

 

まだまだ、小麦については調査ちゅうです。

また更新します。

 

★レポート更新!★

8月も終わりに近づきました。

他の記事でもご紹介しましたが、糖質による体調不良も考えて、

小麦に加えて砂糖も徹底的に避けてみました。

 

約1カ月頑張った結果!

なんと!生理が無痛でした!

PMSも素晴らしく改善されています。

気分もとても良く、これまでいろいろ試してきましたがこれがいちばん効いているのかもしれません。

小麦粉は、脳にダイレクトに悪影響を与えるそうです。

その点についてはまた記事をかきたいと思います。