お肌とココロ、からだにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、鼠径ヘルニア、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

お風呂効果!ヒートショックプロテインで細胞修復。

「寝る時間を削っても、お風呂につかること!」

をすすめるホームページを読みました。

 

それによると、

お風呂(40℃で20分)に入って体を温める(38℃まで)と、

ヒートショックプロテインHSP

というタンパク質が増えて、私達の体内の傷ついた細胞を修復して自己回復力を高めてくれるということなのです。

 

精神的ストレスや、紫外線、熱、病原菌、その他、私達が受ける心と体のあらゆるダメージからの回復を手伝ってくれる、この「ヒートショックプロテインHSP)」、お風呂に入るだけで増やせるのなら睡眠時間を削っても入る価値があると思います。

 

そしてヒートショックプロテインの増加による

【メリット】

・病気の予防

・自己治癒力の向上と病気の回復

・潰瘍や炎症を防ぐ

・うつの治療や予防

・癌の治療や予防

・疲れの軽減 

・他にもいっぱい!

と、いいことずくめ!

 

この体のメカニズムについて知ると、これは子宮や卵巣などの婦人科系疾患にも効果あるはずと見込んで、わたしも毎日必ずお湯につかるようにしています。

※40℃のお湯に20分浸かり、しっかり服を着て15分保温します。

※水分補給は、温かいものか常温で。

 

わたしが参考にさせていただいたのは、こちらの情報です。

大学のHSP研究者の方のホームページです。

www.youko-itoh-hsp.com

 

「2週間後の効果」

以前からお風呂に浸かる習慣はありましたが、忙しい日はシャワーで済ませることもありましたが、そこを「生理の日以外は必ず浸かる!」と決意し、大切な入浴後の「保温」も忘れないようにしています。

※ちなみに、シャワーでは体温は上がらないそうです。

 

まず、しっかり保温した後、かなり薄着で布団に入りますが「朝までぽかぽか」です。

というより、汗がじんわり出るくらいです!

寝つきも早く、良く眠れるので疲れがよくとれるようになりました。

 

冷えにくく、疲れにくく、なってきたような気がします。

夫は、「血糖値安定」も狙っています。

また、今後も「効果」の程を書いていきたいと思います。