お肌とココロ、からだにいいこと日記

ついに生理痛ゼロ!はたらくアラフォー女子の自分と家族の体質改善奮闘記&体験談 ココロの不調やアレルギーもやっつけた!

糖質制限で改善。鬱やいらいら、自閉症や調症まで・・・

夫の体調不良がきっかけで知った「機能性低血糖症」。

本当に様々な病気・生活習慣病不定愁訴と関係していることがわかり、いろいろ情報集めをして良かったなと感じています。

夫も近頃、かなり自分なりに「血糖値コントロール」が出来るようになり快適に過ごせるようになってきています。

 

今日は、このあまり知られていない「機能性低血糖症」についてのわかりやすい説明を見つけたので、わたしなりにまとめて記録しておこうと思いました。

 

◆機能性低血糖症とは?

 一言で言うと「血糖調節異常」のこと。

 血糖値が調節されず血糖の乱高下がたびたび起こります。

 それにより、インスリンなどのホルモンの過剰分泌がおこり、膵臓が疲弊します。

 「代謝機能の異常」の結果ともいえるそうです。

 まだまだ研究段階であり、

 お医者様も把握しておられない場合が多いというのが驚きです。

 

◆機能性低血糖症になると・・・

 これにより、精神に異常を来したり、癌・糖尿病・高血圧症・花粉症などのさまざまな生活習慣病を発症すると考えられています。

 

【精神異常を来たすプロセス】

 1. ブドウ糖の急激な低下。(ブドウ糖は脳の唯一の栄養源)

   ↓

 2. 大脳新皮質(理性を司っている)が機能しなくなる。

   ↓

 3. 症状が現れる

   ・判断力の低下。

   ・衝動的・突発的な行動をする。

   ・理性的でなくなる。

   ↓

 4. 体が防御態勢になる。

   ↓

 5. 血糖上昇物質分泌⇒大脳辺縁系を刺激する。

   ・糖質コルチコイド

   ・アドレナリン ⇒ 怒り・敵意・暴力

   ・ノルアドレナリン ⇒ 恐怖・自殺観念・脅迫観念・不安感

  自律神経に作用する。

   ・血管収縮 ⇒ 頭の締め付け感・手足の冷え・不整脈・視野異常

 

以上、簡単にまとめてみました。

 

最近、ADHDの子供や、統合失調症の方、てんかんを患っておられる方も非常に多くなりました。

血糖値を急に上げてしまう原因が「食べ物」であることがわかってきたので、我が家では「小麦粉」や添加物、特に「ぶどう糖果糖液糖」を厳格に避けるようにしています。

はじめて数ヶ月経ちましたが、素晴らしい結果が得られています。

夫は、異常な体のだるさから解放されました。

時々、以前煩った「慢性疲労症候群」のような症状が出た場合は、ただちにすべての炭水化物の接種をやめると、すぐに回復します。

婦人科系の病気を持っているわたしも、びっくりするほど生理が楽になりました。

 

引き続き、この分野は調べる価値ありと感じますね。