お肌とココロ、からだにいいこと日記

ついに生理痛ゼロ!はたらくアラフォー女子の自分と家族の体質改善奮闘記&体験談 ココロの不調やアレルギーもやっつけた!

チョコレート(カカオ)の嬉しい効果。大切なのはフラバノール。

日経Goodyより、嬉しい調査結果が。

 

高カカオチョコに様々な嬉しい健康効果がある事が研究結果で実証されつつある。

特に腸内環境にいいらしい♪

糖質制限で、お米を減らした結果、便秘になりがち。。

そんな状況を改善してくれたらと思う。

 

調査すると、自家製が一番良いように思えてくる。

実は、我が家では1か月ほど前からチョコレートをせっせと手作り!

以前は、チョコレートを食べると虫歯ができたり気分が悪くなることがあったけれど、手作りチョコレートは少量で満足できるし、体調にマイナス効果を感じない。

すっきり感があり、仕事の効率化にもつながっているとまで感じます!(^^)!

この調査結果を読んで、純粋なココア(あるいはローカカオ)を探すことの大切さを感じました。

 

パナマのクナインディアンのココア習慣

ハーバード大学の医師が、パナマ共和国のサンブラス諸島に住むクナインディアン(Kuna Indians)と呼ばれる人々に注目。彼らは、高血圧や動脈硬化に悩むことがない。

サンブラス諸島のクナインディアンたちは、平均1日5杯の成分未調整のココア飲料を摂取している。これは、他へ移住したクナインディアンの10倍の量。

他へ移住したクナインディアンは、加齢とともに血圧が上昇し、高血圧の有病率は西洋人に匹敵するとのこと。この差は、遺伝よりも、食生活、特にココアの摂取にあると、報告されている。

 

歴史的保証:ココア接種の起源は紀元前1600年

カカオ豆の学名⇒はテオブロマ・カカオ(Theobroma cacao)

ギリシャ語の「テオ(神)」+「ブロマ(食べ物)」を合わせた言葉。16世紀、アステカの皇帝モンテスマも「疲れと戦う神の食べ物」と称し、熱心にココアを接種していたようです。

それだけ古くから愛されてきたには、チョコレートに効果を期待したくなる。

 

【チョコレート接種の注意点】

「脂質」「糖分」に注意しつつ接種したい。

  これらは、カカオ効果を打ち消すほど体重増加や高血糖などの害をもたらす。

  「脂質」:飽和脂肪酸(よく添加されている植物油脂の代表:パーム油)

  「糖分」:精製された砂糖他、身体に害になる糖分(アスパルテームなど)

 

「フラバノール」の含有量が低ければ効果は低い。

  新鮮なカカオ豆:約10%

  ピュアココアパウダー:約3.6% ※クナインディアン接種のココア

  成分調整ココア:約0.5%

 

「成分調整されたココア」はかえって危険。

フラバノールは苦いため、市場に出回っている成分調整ココアはダッチング※処理がされていたり、砂糖・牛乳・バニラ・乳化剤などを加えられている。

※ダッチング:120℃までの高熱とアルカリ化による処理で溶けやすく味をマイルドにする。

そのため、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートにはフラバノールは低いかほとんど含まれていない。

 

 

【高濃度(フラバノール)カカオチョコレートの健康効果】

*効果1.血管に良い

*効果2.脳に良い

*効果3.腸に良い

 

 

*効果1.血管に良い←フラバノール効果

①血管拡張(血圧低下)

②血小板凝集抑制(抗動脈硬化

血液中の抗酸化状態の大幅な改善

 

フラバノール含有量の高いココアを摂取すると、一酸化窒素が増える。

この一酸化窒素が、血管の健康状態を維持する血管内皮機能を調節。

活性酸素の発生やその働きを抑制する抗酸化効果もあり。

市販のダークチョコレート(74%ココア)40g摂取の2時間後に、血液中の抗酸化状態の大幅な改善が報告もある。

 

*効果2.脳に良い

愛知学院大学と明治の共同研究の結果、チョコレートの摂取によりBDNF(脳由来神経栄養因子)の血中濃度が有意に上昇したため、脳にいい影響を及ぼす可能性があることがわかった

蒲郡市内外の45~69歳までの347人に4週間(2014年6月から7月中旬)、カカオポリフェノールを多く含むチョコレートを毎日25g(5gを5枚)、合計約150キロカロリー摂取してもらい、摂取前後の血圧測定や血液検査などで身体の状態の変化を検証しました。

「BDNFは、脳の神経細胞の発生や成長に関与する神経栄養因子の一種。記憶の形成を司る『海馬』に多く存在して、脳の活動を支えていると考えられています。近年、このBDNFがうつ病アルツハイマー認知症を予防する可能性があるとして注目されています」(桜美林大学老年学総合研究所所長の鈴木隆雄さん)。

 

*効果3.腸に良い←カカオプロテイン効果

カカオには、フラバノール(ポリフェノールの一種)の効果だけではなく、それに含まれるたんぱく質「カカオプロテイン」の効果もあるようです。

「カカオプロテイン」は消化されにくく、オリゴ糖や食物繊維のように小腸で消化吸収されずに大腸に到達して腸内環境を改善してくれることがわかってきたようです。

 

明治と帝京大学の共同研究の結果から、

高カカオチョコレートを摂取するとフィーカリバクテリウム※など4種類の短鎖脂肪酸産生菌が増えることで腸内環境が改善され、

(1)排便回数が多くなった

(2)便の色が薄くなった

(3)便の量が増えた

という効果があることが確認されています。

※短鎖脂肪酸:酢酸、酪酸、プロピオン酸などの脂肪酸のこと。

※フィーカリバクテリウム:特に酪酸を大量に産生する善玉菌。

 

理化学研究所イノベーション推進センターの辨野(べんの)義己さんによると、腸内フローラは非常に重要でそれを改善すると、免疫機能が高まって病気になりにくくなる

人間の腸の中には1000種以上、実に600兆個を超える細菌が存在していて、善玉菌と悪玉菌、どちらともいえない日和見菌がいる。悪玉菌は肥満や糖尿病・がんに関係することもあると知り、腸内フローラは健康に大きく影響していることがわかった。

「善玉菌の中でも大切なのは、酢酸を産生するビフィズス菌と、酪酸を産生するフィーカリバクテリウム(大便桿菌)や大便球菌。これらは健康長寿に直結する菌で、私は“長寿菌”と呼んでいます」(辨野さん)

 こういった短鎖脂肪酸が増えると、「便通改善」に加えて、「大腸がんの抑制」、クローン病などの「炎症性腸疾患(IBD)の予防」、インスリンの分泌促進による「糖尿病の予防」など様々なメリットが期待されているようです。

 

驚くべき効果を持つ、ピュアなチョコレート!

あとは調達先が問題です。。。