お肌とココロ、からだにいいこと日記

ついに生理痛ゼロ!はたらくアラフォー女子の自分と家族の体質改善奮闘記&体験談 ココロの不調やアレルギーもやっつけた!

こむらがえり。アロマと整体で緩和。

夫が「ぎっくり背中」と「腹部のひどい攣り」で苦しみだしてから3日目。

友人から、「ラベンダーオレンジの精油エッセンシャルオイル)」をプレゼントしてもらいました。

 

実は「ぎっくり背中」になったその日の夜、

中国足心道の資格を持つ友人から、ラベンダーを少し分けてもらい「足の側面※にすーっと塗って、つめで刺激するとよいよ」とアドバイスを受けたのでした。

※足の側面:内側の側面親指からかかとにかけて。

 

「オレンジの精油は、筋肉をゆるめてくれるらしいよ」といってプレゼントしてもらったので、すぐに夫の腹部に原液※を直接すりこんでみました。

すると、「塗ったとたんかなり楽になった」とのこと!

精油の原液湿布は賛否両論あり、わたしはあまり肯定的ではありませんでした。

 が、今回は夫の緊急事態ということもあり、実験的に試してみました。

 

そんなことがあってから、また数日後、足心道の友人が訪ねてくれた。

ラベンダーは筋肉と骨に作用し、オレンジは筋肉のみ作用する」とのこと。

 

整体院での経験もある彼の見解では、

背骨の歪みが発生している部分は、筋肉にひっぱられているため、ひっぱられているのと逆の方向の神経が何らかの形で刺激され(電気信号が送られ)、攣っているのではないかと。

それで、ひっぱっていると思われる側の筋肉にオレンジ精油をぬりこみマッサージをし筋肉を緩めながら、背骨の歪みを矯正。

素人のわたしの目にも明らかに背骨の歪みがすっきりとれていくのがわかる。

 

骨の歪みは、すぐに戻ってしまうとのことなので、

その後は、わたしが見よう見まねで歪みを矯正。といっても一度だけですが。

 

そうこうしているうちに、腹部の攣りも徐々に軽くなっていったのでした!

 

とはいっても、足心道の足揉みでは、すい臓や腎臓が弱っていることが判明。

ということは、前回の記事でも触れたドクターの意見にもあった通り、カルシウムがうまく作用していない可能性も考えられる。

また、足の側面をつめでちょんちょんと刺激するようにとの指示は、そうすることで骨をあるべき位置へ戻すためとのこと。

足や耳などの反射区の存在は前々から聞いていたけれど、本当に奥が深い。

 

ちなみに、こむらがえりに良く効くのは

「承山」というふくらはぎの真ん中あたりにあるツボらしく、

ぎっくり腰になる前にその周辺がパンパンにはるそうです。

夫の「承山」を押してみたところ、激痛!でした。

ひざの真後ろの「委中」もこむらがえりによく効くツボらしいです。

そこも激痛!。

 

私の場合、足裏の真ん中あたりが固くなっていたのでもみほぐしたところ、一気に便秘が解消されてびっくり。

仕事の徹夜明けで、つらかった体調もいっきにすっきり軽くなりました。

 

これ以来、我が家では、HSPヒートショックプロテイン)入浴法に加えて、お風呂上りの足裏マッサージも毎晩のセルフケアプログラムの一部になりました。

 

今回使用した精油(アロマエッセンシャルオイル)については、次回。