読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からだとココロにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

鼠径ヘルニアになりまして①

私のヘルニア症状

 

1か月程前でしょうか、鼠径部(足の付け根から恥骨にかけてのあたり)にちいさなふくらみがあることに気付きました。

手の親指の先ほどの大きさで、とてもやわらかく、痛くもかゆくもありません。

手で押すと、スーッとどこかに消えてしまいます。

で、何かの瞬間に「ぽこっ」と出てきます。

 

気になりだしたらいてもたってもいられず、ネットで調べると、明らかに「鼠径ヘルニア」だとわかりました。

 

大抵のサイトでは、完治には絶対に手術が必要とあるではありませんか。

 

原因は?

信頼できる医療機関のサイトを次々と見ていきましたが、やはり答えは「手術」オンリーです。しかも今は、その方法もかなり進んでいて、日帰り手術が可能とのこと。

でも、そもそも原因は?とみていくと、大抵は「加齢による筋膜の劣化」というような説明が・・・。

穴が開いてしまったというよりは、もともとあった筋膜の隙間から臓器(たいていは腸)がはみだしてくる現象で、加齢あるいは何らかの事情で筋膜がゆるくなりすきまが大きくなってしまうらしい。

う~ん、わたしももう既に中年だし、筋膜が老化してしまったんだろうか。

それから数か月前に酷い便秘を起こして、排便時にかなりお腹に圧力がかかってしまったことを思い出した。そういうのも原因だろうか。。。

そして、大きな卵巣嚢腫も持っているからもともと骨盤内がギューギューなことも関係しているかもしれないと考えられるかな?などいろいろ悩むこと数週間。

 

危険なのは・・・

まだふくらみがやわらかく、それが出たり入ったりしている間は特に問題はないらしいですが、ふくらみが戻らなくなり、固くなって痛み出したら危険であると説明されています。それは陥頓(かんとん)といい、緊急手術となるそうです。飛び出した臓器に血液がまわらなくなり壊死したり、破裂したりするとあって怖くなりました。

 

しかし、手術には抵抗が・・・・

” 結果を取り除くにはまず「原因」を取り除かなくては ”

それがモットーの私は、通常、手術で取り除くチョコレート膿腫をかれこれ8年以上温存しています。

なぜなら、チョコレート膿腫の原因は子宮内膜症で、それが治らない事には手術をしても再発してしまうからです。最悪、手術をくりかえさなければなりません。

ゆくゆくは、原因がなくなりしだい手術しても良いかなと考えてはいましたが、ここまできて、ヘルニアで体にメスを入れなければならないの??と正直動揺してしまいました。

他に方法はないんだろうか。

いったい本当の原因はなんなんだろうか。

悩みつづけていました。

 

やってみたこと。

そうこうしているうちに、1つだけ、「鼠径ヘルニア体操」という療法を実施している整骨院のウェブサイトを見つけました。

こちらがそのサイトです。

hisago-hara.com

 

こちらのサイトによると、体操療法でなんとかヘルニアを克服した方もおられるというのです。早速、体操療法を試したいところですが、この整骨院さん、こまったことに我が家から非常に遠いのです。どうしよう・・・

そして当たり前なのですが、このサイト上で体操療法の方法などは公開しておられません。うう知りたいよ~

 

とにかく、どこを鍛えれば良いのか、どうやって鍛えれば良いのか必死で調べました。

そして、インナーマッスルを鍛えることが重要らしいという意見が見つかり、他に、鼠径ヘルニアを克服した女性(20代)のブログを発見。

とある整体院さんの動画とこの女性のトレーニング方法を実践してみました。

あまり良い結果ではなかったので、詳しく書きませんが・・・(泣)

 

それから外出時は、ひっこめたふくらみが戻ってこないように、きつすぎない程度のガードルを購入して抑えてみました。

 

結果。

腹部インナーマッスルを鍛えるべく、毎日ストレッチをし、ガードルでヘルニアを抑えること1週間。

良くなるどころか、やわらかかったふくらみが固くなってしまいました。

そして、もどらなくなってしまったのです。しかも若干痛い!

これはもしや陥頓状態か??どうしよう!

青ざめて、夫に相談。

「すぐに、千葉の整体院さんに行ってこい!!」

 

でも・・・すぐに治るものではないから通う必要もあるし、2・3日滞在してといっても費用がかさむし・・・治る保障はない。

手術費用はというと5万円くらい。完治がほぼ保障されている。

うーん、はたしてどちらが良いのか、改めて悩んでしまうのでした。

 

(続く)