からだとココロにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、鼠径ヘルニア、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

神経痛と尾てい骨

取り急ぎのメモ

神経痛の対処法

 

鼠径部ヘルニアになり通っている治療院にて、尾てい骨を過去に損傷していることが判明。

整体師さんが、尾てい骨付近の神経にアプローチした治療をしてくれたらしい。

 

私の場合

3回通った日の晩、ひどい神経痛に。

いつもの、ひざの下あたりを針でグサグサ刺されるような痛み。

朝まで続き、寝不足に。

朝になった時、ふと「尾てい骨」のことを思い出し、

あたためた電気アンカをあててみた。

ピタッ!と痛みがなくなってしまった・・・。びっくり。

 

友人の場合

上記のことを友人に話したところ、友人の旦那様に効用が!

ある時、虫歯がないのに原因不明の歯痛に悩まされている旦那様(やつあたりしたいくらい痛いらしい)を見て、わたしのことを思い出したらしい。

旦那様の尾てい骨をちょっと触ってみたところ、なんと、痛みがピタッと止まってしまったとのこと。素晴らしい。

 

夫の尾てい骨もなでてみた

何とも言えない気持ち良さだそう。

あっという間に眠ってしまった。

 

 

治療院で説明をうけたところ、尾てい骨周辺、仙骨あたりには、副交感神経があるため、その付近を緩めることで副交感神経優位になるとのこと。

副交感神経が優位になるということは、修復パワーが増し、免疫力もアップすること間違いなし。

ちなみに、この治療を受けてから、毎晩強い眠気がくる。

これまでは疲れていても眠れない、つまり「交感神経」優位だったことがよくわかる。

 

詳しいことは、「ヘルニア」についての記事でもっと書くことにします。