お肌とココロ、からだにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、鼠径ヘルニア、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

病気の不安で胸がいっぱいの時に読むメモ

悩み事

わたしの体の「心配事」のいくつか。

時々「癌?」と頭をよぎることもある。

 

 

大きな腫瘍(直径7cm)

10年前から、大きな卵巣嚢腫があります。中身は血液。

これは、医学的な見地からすると、手術によって取り除く必要があり、そのままにしているなら特に50代になってから「卵巣癌」に移行する確率がかなり上がるらしい。

 

リンパの腫れ(直径約2.5cm)

右脇の下にぷっくりとした腫れがある。痛くないが、かなり気になる。

もしかして「乳がんの一種??」と考えてしまう。。

レディースクリニックでは、「何とも言えない」と言われた。

ちなみに乳房にも「しこりかも?」と思うものが時々現れる。

 

小さなしこり二つ(約1cmほど)

右腕内側と右太ももの裏側に、小さな固いしこりがある。

腕のしこりは痛みはなし。太もものしこりは時々痛みがある。

「粉瘤」と言われるものではないかと思われるが、病院に行けば、即、日帰り外科手術により取り除かれるらしい。

 

筋肉の硬化

やはり右太もも表側、筋肉が一部、かたい塊になっている。

これは、かなり気になっていて、すごく不安。

 

耳の不調

こちらも右側。頻繁に耳に蓋がしまったようになる。

 

鼠径部ヘルニア

右鼠径部に小さなふくらみ。疲れたりストレスを感じると出てくる。

 

こういった体の異変をどうとらえたらよいのだろう。

普通のクリニック、大学病院では同じ答えしかかえってきません。

なぜなら、ガイドラインに沿った治療しか選べないのだから。

実際に、ガイドラインそのものを見せて下さった先生もいらっしゃいます(笑)。

「ほらね、ここに5cm以上は手術って書いてあるでしょう?」って。

精密検査⇒生検⇒手術。これはさけられない。

そして、最悪、取り出したものが「あやしい」となったら・・・

すぐに抗がん剤あるいは放射線と進むでしょう。

この過程を踏む前に、自分で良く考えなければ!

 

 

お役立ち情報(治療を選ぶために or 予防として 参考になった意見)

例え 癌でないとしても、下に集めた専門家の意見を参考にしつつ生活習慣を常に見直すことが予防につながると思う。

これはと思った情報は随時更新。

 

まずこのブログ記事を読む❗

たまたま見つけた、とあるブログ。

なんだかすごく勇気が湧いてくる記事だから、先頭にリンクをはって置こうと思います。

http://haigan-taiken.com

 

 

オピニオン1:わたしが4年間通った漢方医のドクター(70代のベテラン)

・不安解消が先決。

・様子を見る。あせって、手術をすべきではない。

ホルモン剤の使用は副作用の問題からおすすめできない。

・生活の改善(主に冷え取り・ストレス除去)。

・便秘を改善。

・右側に異変が多いのは、大きな腫瘍が関係している可能性大。

・体は全体が関連し合っているので全体的に不調を見る必要がある。

 

オピニオン2:アーユルヴェーダ(本)

・私は溜め込み体質「塊」ができやすいタイプであるらしい。カパタイプ。

   カパタイプは、水の性質を持っているので冷えやすい。これは注意。

 ちなみに夫はヴァータタイプ(超燃焼系)。うらやましい・・・。

・体にあった食事・デトックス方法が有効。

・オイルプリングによるデトックス

 ◆読んだ本はこちら↓

 

 

オピニオン3:エドガー・ケイシーの本

・ひまし油パック。(加温・白血球増加・リラックス効果)

・定期的な整体。

・アーモンドの接種。

 

オピニオン4:石原結實先生の本。

・「解熱剤」は使用しない。(発熱は身体が病気と闘っている証拠だから)

・「減塩」しない。

 

オピニオン5:福田先生と阿保先生の本

・リンパ球を増やす。

・顆粒球を減らす。(問題となる白血球の一種)

    顆粒球⇒交感神経の作用で増殖。

                          副交感神経の作用で減少。

   血液を浄化し体液中のペーハー(pH)を改善することで健全な細胞に生まれ変わる。つめもみが有効。

 

オピニオン6:修文大学健康栄養学部教授 伊藤要子先生のサイト

・毎日体温を高温に上げること。(ヒートショックプロテイン効果)

お風呂効果!ヒートショックプロテインで細胞修復。 - からだとココロにいいこと日記

 

オピニオン7:内海先生の本とFB

・「癌は人を助けている」という考え方へのシフトが大切。

  癌は毒から人の身を守ってくれている存在、浄化装置のゴミ集めのなれの果て。 

  症状は身体を治すためだったり、深層心理や生活の崩れからのサインであって、その症状は消してはいけないもの。

・「マンモグラフィーはやればやるほど乳がんが増える」

・ 「ガン死とされた患者の80%は、抗ガン剤などによるガン治療の副作用死である」

・『ありがとう』と言えば、病気は治っていく。

 「ありがとう」→「快」情報→エンドルフィン増→NK細胞増加→ガン退縮

◆【治療の具体的方法】※内海先生の情報は本当に良くまとめられています。

    ①体温をあげ免疫力をあげる
    ②食事を見直し良い栄養を摂る
    ③酸化から還元へ
    ④病名がなぜウソなのかを知る
    ⑤一度自己を卑下しそこから抜ける
    ⑥健康食品はあくまで補助である
    ⑦ミトコンドリアを刺激する
    ⑧根本療法の真の意味を理解する
    ⑨症状の真の意味を理解する
    ⑩周波数を適正化する

 先生のFB↓

https://www.facebook.com/satoru.utsumi?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf

 

 

オピニオン8:谷口Dr.の言葉。

自然治癒力とは、病気になってから発揮されるものだけでなく、病気そのものが自然治癒力の現れなのです。

  ↓こちらのお医者様のBlogから。

  院長のマンスリートーク