ココロとからだにいいこと日記

手術なし薬なしで生理痛ゼロに!わたしの体験と奮闘記。

わたしのお肌ケア、これまでのこと。

f:id:Irene43:20170915113631j:plain

40過ぎのすっぴん写真をわざわざ乗っけてしまいました。

お見苦しい画像、お許しください(笑)

今後、記録を残していくのもありか?と思いこんなことをやってみました。

今日は、現在の悩みとこれまでやってきたお肌ケアについてまとめておこうと思います。

 

わたしのお肌の悩みBEST3

ご覧のとおり、まず現在のわたしのお肌の悩みBEST3は、

1. ほうれい線

2. しみ・そばかす・ほくろ

3. くすみ

で、現在、まあまあ対処できてると思っています。

入浴方法や食事、あとはシンプルなスキンケアにミネラル化粧品でのミニマムメイクですが、最近は体調も肌の調子もだいぶ良くなり、たまにはばっちりメイクを楽しむ事もあります。しかもランコム復活!

やはりメリハリがあるってよいなと思います。メイクは女性だけの楽しみ(最近はそうとも言えないか?笑)なので、女性に生まれたのだからやはり楽しむのも良いことだと思います。

肌本来の持っている状態を取り戻したら、あとは、自分の良いところを引き出すメイクができたら良いなあと勉強中です。

 

目じりの皺ですか?

もちろんありますよー!ちょっとスキンケアを怠ると目じりどころか顔全体が”ちりめん”のようにくちゃくちゃになります(笑)

しかしですね、多少のしわは気にしなくてもいいんじゃないかと思ってるんです。

イタリアとかフランスの女性って、白髪とか顔の小じわとかってあまり気にしてませんよね。あえてその年齢の美しさに自信をもっているというか・・・そういうのに憧れています。40過ぎてから、お人形のようにかわいいメイクでつるんつるんっていうのも気持ち悪くないですか??  わたしはそう思ってしまうんですよね。

その時その時の年なりで良いかな~っと。

 

吹き出物??

それがですね、最近ほとんど出なくなりました。

やはり食事を改善した結果がここに大きく出ていると思います。

本物の食べ物を食べる。毒を避け、デトックスを心がける。便秘をしない。

それから、睡眠の質をあげること。

メイクは必ず落とす!

これで、吹き出物知らずです。

もし出た時は、「何かを怠っている」あるいは「ストレスがある」「無理をした」という理由が必ずありますね。

だから、ココロとからだの不調のサインだと思って、休めば良いのです♪

 

わたしのこれまでのお肌ケア

20代のころはOLをやっていたというのもありまして、お化粧大好きでしたね。

特にランコムが大好きで・・・。今でも好きですが♥♥♥

 

その頃のお肌ケアはというと、こんな感じです。

1. 朝は石鹸洗顔・夜はクレンジングを兼ねてオイルマッサージ。

2. ブランドのライン買いでスキンケア。化粧水・乳液・美容液。

3. メイクは、もっぱらリキッドファンデ+トランスルーセントパウダー。

飽きもせず、このステップを30代終わりまで続けていました。

 

その他のケアとして

毛穴ケア

とくに小鼻の角栓には苦戦しておりました。指で無理やり押し出したり、毛穴パックをしてみたり、泥パック(これもランコムのヤツ)などなど。

 

顔の産毛剃り

これもず~っとず~っとやっていました。

確かに、「つるっつる!」になるのでやみつきになっていました。

でも、実はこれが毛穴のトラブルを招いているということを後で知りました。後悔してもしきれません(泣)。うぶ毛は皮膚と毛穴を守ってくれているんです。相当濃いなら仕方ありませんし、お口周りは多少やったとしても、あとは自然にして置いたほうが長い目でみたら良いそうです。

 

わたしのお肌ケア転換点

そんなある時、突然それまでのケアがまったく受けつけないお肌になってしまったんです。ちょうど40歳くらいだったと思います。

思えば、婦人科系の病気をかかえるようになったのも、その数年前からでした。

 

まず、オイルクレンジングがつらくなりました。ひりひりするんです。

そして、大好きだったランコムのリキッドファンデを塗ると、皮膚が真っ赤になって焼けるように熱くなって、落としても顔の皮が固くなってごわごわになってしまったんです。本当にショックでした。

他の肌に優しそうなお化粧品も試してみましたが、結果は同じで・・。そうとう凹んだのを覚えています。

 

原因を探って、クレンジングをやめたり、ファンデをお休みしたりいろいろやってみましたが、結局なにも塗らないのが一番落ち着くようで、しばらく化粧水も塗りませんでした。2か月ぐらいたって、肌がようやくやわらかくなってきましたが、もう怖くて怖くてお化粧はできずにいました。

 

それからというもの、ミネラル化粧品をいろいろお試し生活が始まりました。

同時に、気を付けたのは食事です。

 

お肌改善のために実践してみた食事

 

葉酸とミネラルの補給・・・お肌のコラーゲンを生成するために必要。

   ※皮膚科の先生によると、コラーゲンドリンクは意味ないそうです。

DHAの接種・・・えごま油をオリーブオイルの代わりに使用。

   ※青魚を積極的に取るのも良いですが、一時的に沢山接種すると良かったです。

◆ローフード・・・デトックスを促すために、生野菜を食事のはじめに大量に。

   ※午前中はデトックスの時間なので果物のみ。お昼からが食事のスタート。

 

以上のポイントを考慮した「お肌改善プログラム」を提供している皮膚科の先生の本を見つけて、実践したりもしていました。

特に、良く食べたのが

◆山盛りレタスの塩・レモン・えごま油がけ。

◆たっぷりわかめ(かなりの量)のコンソメスープ、えごま油添え。

でした。

これを一週間頑張って食べ続け、1週間の最後にリンゴを1こ生で食べます。

今は亡き、エドガーケーシー医師の本にも同じ様なメニューが皮膚病の改善用として載せられていました。(※エドガーケーシー著:自然療法)

 

こんな食生活をしているうちに、体重が減ってすっきりしたり、お肌、顔だけではなく身体全体の皮膚のコンディションが改善されていきました。

 

たぶん、長年のお化粧によってお肌に塗り込んできたケミカルがお肌に蓄積し、リミットを超えてしまったのではと思い、しばらくはデトックスに専念しました。

でも、そのころから、自然派のお化粧品が沢山出回るようになってきたのは本当に助かりました。

次回は、実際に使った、ミネラル化粧品や手作り化粧品についての記事も書きたいと思います♪