ココロとからだにいいこと日記

手術なし薬なしで生理痛ゼロに!わたしの体験と奮闘記。

アファメーションで不調改善?思考パターンが体に与える影響。

 

f:id:Irene43:20180122133307j:plain

************************************

*生理痛ゼロ体験日記*

 \\  手術なし・薬なし //。

内膜症もアレルギーも改善!

************************************

 

 

アファメーション”をご存じですか?

 

アファメーションとは

科学的な脳へのアプローチです。

 

感情が傷ついた思考パターンが体に大きな影響を与えているという考えから

最近では、脳科学の進歩によってこれまでは治らないとされてきた不調がアファメーションにより改善されるようになってきています。

 

精神疾患発達障害までもが脳の未発達が原因であり

トレーニングで改善することさえ出来ることがわかってきました。

そして、脳に与える「言葉」の影響もはっきりしてきました。

 

わたしは、特に女性特有の病のために

世界的スピリチュアル系ヒーラーのルイーズ・ヘイの提唱する

アファメーションに注目してみました。

 

それは、

医師であり科学者でもあるモナ・リザ・シュルツが

臨床研究によって科学的に裏付けたものです。

 

彼女たちの共同執筆した著書を読むと、

思考と健康の関連性、

思考パターンと病気の相関関係が良く理解できます。

また、健康維持には生活全般の見直しと共に、

感情(思考)コントロールが必要であること、

 

その上で、信頼できる治療を受けるときに

十分な効果を期待できるということも理解できます。

これらの事を発見したルイーズには医学的バッググラウンドはなく、

いわゆるスピリチュアル系ヒーラーでした。

そのルイーズが直観と彼女自身の経験に基づいた考えを、

若かりし頃のモナ・リザ・シュルツが実体験し、

それを科学的に裏付けるため医学部へ進学したとのこと。

 

なんて素敵なストーリーなのでしょう!

彼女は、研究によって、脳と体の病気の、感情的な面をあきらかにしました。

それから、思考にアプローチするアファメーションを世に送り出しました。

 

私はこれまで、

アファメーションというと、

なんだかちょっと「不気味」にすら感じていたのですが

彼女の執筆した本を読んで、すっかり偏見が取り去られました。

すべては「脳」の仕組みを理解した上で、考えられた文章なのです。

人間の心と体の調和の素晴らしさに感動します!

このルイーズとモナ・リザの理論は、

多くの人に希望と勇気を与えてくれる実際的な理論なので、

簡単にまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

【ルイーズの発見】

身体的不調と病気にはさまざまな原因があるが、

・遺伝

・環境

・ダイエット

これらに加えて、「感情」からの影響を受けることを発見。

※感情:恐れや怒り、悲しみや愛や喜びなど。

例えば・・・

1)怒り⇒筋肉や血管が収縮し、高血圧をもたらす。

血液循環を阻害する。

2)喜びや愛は良い結果をもたらすので、欠如すると、

⇒心臓発作などの心疾患をもたらす。

 

 

モナ・リザ・シュルツが科学的に証明】

彼女の研究と、臨床結果によってわかったこと。

特定の思考パターンが感情に反応 ⇒ ある種の化学物質を分泌し体に影響を与える。

ある感情で満たされた時、置かれた状況次第で、身体の各部への影響の出方が異なる。

例えば・・・

例)恐れを抱き続けるとどうなるか。

継続的にストレスホルモン(特にコルチゾール)が分泌。

科学物質がドミノ的に連鎖反応を起こす。

心臓病・体重増加・うつ病が発症。

 

 

【結果:身体が直観的に発するメッセージに注目することの大切さに注目】

ルイーズの提唱していたことを裏付ける研究がされた結果、

病気が起こる前には、必ず特定の感情を抱いているということがはっきりしました。

そして、彼女たちが注目したのは、私たちの

自分や人の感情を直観的に感じる能力なんですね。

まず、私達には五感がありますね。( 視覚 ・ 聴覚 ・ 触覚 ・ 嗅覚 ・ 味覚 )

それは、感情を呼び起こす感覚です。

それにプラスして、

「直観的感覚」というものがあります。

それは、 透視力(千里眼) ・ 超聴覚 ・ 超触覚 ・ 超臭覚 ・ 超味覚 です。

良くかんがえてみると、

情報が十分にない状況でも直感で導かれることがあります。

仲の良い友達や家族が危機的な状況にある時、

なんだか「いやな気持ちに襲われ」たり、何かを直観的に感じることがありますよね。

日本人は、「虫の知らせ」といいますね。

他にも、なぜだかわからないけど、「胡散臭さを感じる」なんてこともありますよね。

この「直観力」を研ぎ澄ませることで、

病気になる前触れをキャッチしたり、

病気になってしまった場合は原因を探って

それにアプローチできるということなんです。

 

 

【バランス:直観と事実に基づく論理的な説明、両方大切である】

こうして、直観力が素晴らしいことはわかりましたが、

モナ・リザは、生活習慣の見直しや医療の大切さも訴えています。

「直観力で直観の伴わない論理、論理の伴わない論理はいずれも悲惨な結果を生み出す。」

やはりバランスですよね。

 

さて、ここからは、具体的なメソッドに入ります。

 

【4つのアプローチ】

①感情ノート(日記)をつける。

日々の暮らしの中で、

自分の感情や他の人の感情などに良く意識することが大切みたいです。

②感情にどのような思考が伴っているかを理解する。

特定の思考パターン(固定観念)に注目します。

例えば、「わたしはいつもだめだ」という自己否定のパターンなど・・・

③苦痛の症状と、場所を見つける。

実際の身体の症状や部位ですね。

④症状の背後にある、直観的・感情的思考パターンの意味を考える。

その際、実際の食生活・環境・遺伝・外傷なども原因として考慮する。

例えば、親がいつも争っていたとか、過去に大失恋したとか・・・

そして、その時の感情はどんなものだったか「うらぎられた」「否定された」など。

ここからが、興味深いですよ~。

特定の感情の傾向と対応する体の部位がわかります。

 

 

【身体の7つの警告灯】

※詳しい症状についてはまたいつか。。。

二人は「警告灯」=「感情センター」という表現を使用しています。

 

①安心・安全感=骨・関節・血液・免疫系・皮膚

いつも安心感が持てない状態だと、アレルギー体質を生み出す可能性が高い。

 

②愛・お金=膀胱・生殖器・腰・臀部

家庭内にいつも経済的な問題があったり、失恋の経験など。

 

③自意識・他の人々への責任=消化器系・体重・副腎・膵臓嗜癖

他の人との関係でバランスが持てないタイプは要注意のようです。

 

④自分と他人への優しさのバランス=心臓・肺・乳房

人ばかり優先して、自分を犠牲にする傾向など。

 

⑤意思疎通のバランス=口(歯・顎・歯茎)・首・甲状腺

頑固で人の意見を聞き入れないタイプは首が凝りやすいそうですよ~

 

⑥物の見方=脳・眼・耳

※(物質世界と精神世界の両方からの情報を受け取り、どう活用するか)

昨今、多くなってきている発達障害に触れています。

 

⑦特殊ケース:①~⑥のすべての感情センターがかかわっている可能性がある。

絶望感や恐怖感、自分に対する無力感。

人生の目的や神などの偉大な存在とのつながりを失っている状態。

⇒慢性病・変性疾患・命にかかわる病(癌など)

 

 

アファメーションの有効性】

基本的に、彼女たちの提唱するアファメーションは、

ネガティブ思考からポジティブ思考へと導き、自分を解放するものです。

命にかかわる病でさえ、

人生を愛と喜びに満ちたものにすることで、

感情をしずめ、ナチュラルキラー細胞を活性化し、

症状を起こす炎症性メディエーターは減少するので、

治癒の可能性は十分あると言えるようです!

アファメーションのポジティブ(肯定的)な断言は、

自分の耳に入り、脳に取り入れられ、

ネガティブ思考からポジティブ思考へと感情のスイッチを切り替えます。

脳科学的に認められた手法なのですね!

そして、それは病気を防ぎ、症状を癒すわけです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

『病は気から』をこれほど、専門的に裏付けている理論はないのではないでしょうか!!

モナ・リザの膨大なケーススタディを読んでいると、

どんな病気であっても、良い方向へ変化させることができるという希望が見えてきます。