ココロとからだにいいこと日記

手術なし薬なしで生理痛ゼロに!わたしの体験と奮闘記。

《番外編》我が家の「健康的」防災対策

f:id:Irene43:20170908200440p:plain我が家の『健康的』防災対策

 

もうすぐ3月11日。

忘れることのできない東日本大震災から早7年がたちます。

最近も、天候も不順であちこちで水害が起こり、海外でも大きな地震が起こっていますね。わたしも、3月11日を前にして、恒例の防災対策の見直しをしています。

大きな災害に備えて「緊急持ち出し袋」の準備や「食料品の備蓄」など出来ることをしていましたが、ここのところ体調改善に励んできた経験を活かして、「体の事を考えた健康的な防災対策」にも取り組んでいます。

というわけで、これまで同様の備蓄品と併せてリスト化しておこうと思います。

 

参考にさせていただいたのは、こちら。

『 女性目線で徹底的に考えた防災BOOK』

 この雑誌(クロワッサン特別特集号)を読んでみたところ、いくつか「なるほど~」と思ったポイントがありました。

災害支援を行う自治体や自衛隊の援助はもちろんありますが、それだけでは行き届かない部分があり、自分自身が日頃に備えておける具体的なポイントが役に立ちました。

 

まずはざっくりとリストアップ。 

防災用備蓄品リスト

※優先順位の高いものから

1.トイレ関連:インフラが回復するまでの間、トイレが非常に困るそうです。

2.水と食糧:ビタミン不足を補える食材を準備。

  使い道は飲むだけではないようです。水の配給が始まった時の入れ物も大事。

3.防寒具:冬場はとにかく冷え対策は重要。

4.衛生用品:女性は特に、万全に備えておく必要あり。

5.その他

 

1.トイレ関連

自宅が損壊しなくても、インフラが回復するまでの間は水洗が使えず、また、避難所の仮設トイレも待ち時間が長かったりと、かなり問題になるそうです。

また、簡易トイレを自宅で備える際は、匂いや不衛生な状態がかなり大きな問題となるとのことでした。

鉄筋コンクリートで3階建の集合住宅に住んでいるので、もしかしたらご近所の方が困っている時も、協力する必要もあることを考えて、こちらのトイレセットを購入。

     ▼▼▼▼▼▼▼

一回一回、封印でき、除菌タイプです。

家が倒れてしまうほどの震災のときはあきらめるしかないですが、家に戻れる状態ならやはり家に備えがあれば安心だと思います。

 

2.食糧と水

保存食といえば、乾パンやレトルト食品が思いつきますね。

ところが、専門家や災害を体験された女性の方の意見では、自治体から配布される食事もほとんどが「炭水化物」中心であるという事実が強調されていました。

おにぎり、菓子パン、サンドイッチ、他にあってもスープや味噌汁など。

圧倒的に、糖質過多・ビタミン不足となるそうです。

ビタミン不足からくる、爪や皮膚の荒れはも気になりますが、糖尿病の方や血糖異常のあるかたは非常に危険です。

それで、今でも糖質コントロールを気を付けている我が家としては、保存食を変更しました。用意したのは・・・

 ☑ トマト缶(野菜不足対策

 ☑ さばの水煮缶(DHARNA補充

 ☑ ビーンズの缶(タンパク質補給

 

それから、

 ☑ 玄米ごはんは、こちらを購入。

 ▼▼▼▼▼▼▼

 

それにプラスして、油分も非常に有効です。

 ☑ オリーブオイル

 ☑ 瓶詰のバター(ギー)

「ギー」って何?という方はこちらをご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓ とっても栄養素の高い常温保存できる油分なんですよ~


 

:

 ☑ ココナッツオイル

 

脂質は、脳への栄養にもなりますし、肌荒れやちょっとした擦り傷の保護にもなりとても大切なので、日頃から常備しておきたいですね。

 

このようにして、缶詰の添加物はこの際ちょっと大目に見るとして

添加物がいっぱいの保存食から、 野菜と油分を重点を置いた食材へと変更しました。

 

3.防寒具

 夏はともかく、他の季節は防寒が非常に大切だそうです。

それで、持ち出し袋には常にスエットやウィンドブレーカーなどを入れてはいましたが、もう1つこちらを追加しました。

これは、キャンプ好きな父が利用していたので、かしてもらって使ってみたのですが、びっくりするほど温かいんです!しゃりしゃり音がしますけれどね(笑)

かさばらない物ですから、絶対常備しておいて損はないと思います!

安いのでまとめ買いしておきました。

お一人用なら

 

 

4.衛生用品

 もう、これは女性にとっては必須ですね。

偶然、自分は大丈夫でも、まわりに困っている女性が現れるかもしれませんので準備しておきたいと思いました。

そして、日頃おすすめしているコットン100%の生理用品は絶対重宝するそうです。

水が足りず洗濯が不可能な場合にも使えますし、いつもに増して肌もデリケートになりますから、コットン100%の生理用品をストックしておくと良いと思います。

最近はこんなリーズナブルなものも発売されています!

使用してみましたが、問題ない良いお品でした。

表面オーガニックコットンノンポリマーでこのお値段。ストックにぴったりです。

 

5.その他

その他にもなるほど!という準備した方が良い物がありました。

例えば・・・

 ☑ 爪きり

 ☑ ハンドクリーム

 

避難所生活が長引いたり、水が不足して手が洗えない状況では、とにかく消毒液で手をふくことが多くなり、手や爪のひび割れなどが気になるそうです。

そんな時には、爪切りやハンドクリームが非常に役にたつそうです。

良い香りのハンドクリームは、癒しにもなるそうです。

 

香りの良いもの、甘い物はストレスを緩和してくれるそうですから

 ☑ エッセンシャルオイル

 ☑ 飴・のど飴

なども、準備しておくと良いですね。

 

ざっと、リストアップしてみましたが、参考になりましたでしょうか。

クロワッサンで登場された主婦の方は、これらの食材などを1~2か月の間隔で、消費してしまい、新たに買い替えることで、新鮮さをキープしているという方もおられました。グッドアイデアですよね。

 

私自身、参考になりました。

災害はいつおこってもおかしくないですから、気持ちを新たに備えをしておきたいと思います。

 

今日もお読みいただいてありがとうございました(*^_^*)