読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からだとココロにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、鼠径ヘルニア、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

うつかな?と思ったら見るメモ

うつかな?と思ったら見るメモ

(ほとんどが廣瀬先生のアドバイス

 

まずは自律神経の不良を考える

①起きる時間、出かける時間を決める。

②甘いものや炭水化物を制限する。

この2点を2週間。メリハリの効いた生活で、交感神経が動きだし、最初はきつかった人も楽になって、だるさもとれ、とくに寝つきがよくなる。

 

栄養素足りてる?

朝気分が乗らなくて、夕方は身体がうごかない・・・そんな時は鉄不足かも。

ものを考えるのもおっくうになるそう。

 

身体は動かそうね

うつになったら休むのが通常ですが、動かないと気分が落ちてしまう。

調子が悪い時は体にロックがかかり、だるくなって意欲が下がります。動くと悪くなるのではないかというのもロックです。多少調子が悪いのであれば、動いたほうが治ります。そう重症ではないと思えば、ロックを自ら外す作業をしてください。

  散歩、買い物。

 

原因は何かな

①考え方。マイナス思考。こだわり。不安。心配。

②遺伝。

③食生活。

④運動をしているか。

⑤生活リズム。

⑥人間関係。

自分の状況をよく知って、それに対してどんな努力をする。

 

人間関係を見直そう

うつになる人はまじめなものの考え方をしますが、社会で生きていくには相手を見抜く力も必要です。相手がいい加減な人ならそこでエネルギーを使い果たさない。回復の流れでそういう意味でのバージョンアップができれば、再発は基本から改善します。自分をわかって、調節もできます。

  まじめが悪いのではない。相手を見抜き、自分を調節。

 

感受性が高いと、自分の内面と外の環境との間の摩擦に悩まされ、不安や抑うつが出ます。まずは、自分の内面を深めていくことです。体力をつけたり、知力や知ることも必要です。それができたら、外の環境に目を向けてみます。人を見抜いて世の中のことも知らなければなりません。

  下界のことより、まずは自分を養う。見抜く力を磨いて勉強する。

 

考え方を見直そう

うつになる人は根性がありすぎるので、ついついがんばりすぎて落ちてしまいます。回復の流れで意欲が高まると焦りますが、意欲は大きくても実力はないことに気がつき、意欲と実力がイコールになるように実力を上げなければなりません。それには、散歩や図書館で何かワークをします

  根性がありすぎ。(笑

 

まじめ」というのは生きることに一生懸命で、目の前にある社会や人間関係は本当に人間的か本当に自分が欲していることかということをきちんと考える姿勢ですが、そうではなく、周囲と圧倒的な力の差があって、そうしなければいけないと受け入れるのは、「従順」です。

  まじめであることは悪くない、従順ばかりではだめ。

 

考えなしに、競争だけしていると、まじめな人はつぶれます。鈍感でずるい人はつぶれません。競争することだけを考えるのではなく、生きるとは何かということを考えなければなりません。競争社会にどう順応しているかということではなく、自分の人生をどう生きたいかです。

  まじめに考えるべきこととそうでないことがあるわけですね。

  「つぶれる」人は「鈍感でずるい人」ではないということ。ほっとする。

   

がまんすることに価値があるというのは幼少期の自分が決めた考え方であって、自分を幸せにする考えではない。そのことを自己分析しながら、そういう方法はやめようと考えることが大事です。いやな感情になったら別のことを考えたり行動して、ごまかしではないと練習を積みます。

  がまんしない。その考え方キャンセルしよう。

 

感情を言語化してみる

言語化というのは、つらい感情やいやな感情を言葉のレベルに落としていくことです。言葉を使って自分の感情を考えのレベルに落として、自分の感情を整理していくのです。感情は広がったり小さくなって収まらないので、これをレンガを積むように考えの中に収めていきます。

  人に話す。日記やブログを書く。って良いことなんだね~

 

言語化の3つの段階

①状況を言葉にする ( 何が起こったかだけ ) 、

②感情を言葉にする、

③解釈と対策。

いきなり③は難しいので、練習するにはまず①から。それができたらその時の自分がどんなふうに思ったかもしっかり自分の中を探ってみる。最後は③を考える。

 

自分の居場所を見つける

自分を取り巻いている世界の中で、どういう位置に自分がいるかを思い描いてみます。その自分が点線なら、実線の自分になるには、自分の居場所を確保することです。ほかの人ができないことをしてみる、絵が得意なら絵を描いてみる。ある場所に限って自分らしく生きられる段階です。

  得意なことに没頭する時間をつくる。小さなことでもいいのよ。

  既にいる友達や家族との関係をもっと大切にする。1人いたらいいんじゃない?

 

薬やサプリに頼らない

セロトニンが落ちているからうつになるのではなく、うつになる原因があって、神経伝達物質がひどくなっています。心的エネルギーを減少させるような要素がありながら、薬を使ってセロトニンなどを増やそうとしても、穴の空いたバケツに水を注ぐようなものです。

  あれがいい、これがいい、と手をださず、原因をかんがえないと

 

 

 

敏感で疲れやすいと感じたら見る・・・対処法メモ

「あなたは敏感すぎる」と言われたら。

「感じ過ぎて疲れてしまう・・・」と思ったら。

 

いざというときの処方箋メモ

 

助けになる栄養素

敏感タイプの人を栄養の側面から見ると、ビタミンB6欠乏、亜鉛欠乏、ナイアシン欠乏の傾向を持っているようです。欠乏症の人にとっては、これらの栄養素を食事で補うのはとうてい難しいので、ビタミンB群などのサプリメントで摂るのが一番です。
(ー廣瀬久益先生のアドバイス

 

考え方を見直す

敏感タイプの人の問題点は、考えすぎることです。頭だけが大きくなり、現実の世界に足を踏み出せません。しかし、大事なのは現実をどう生きるかであり、そのためには体の活力を上げ、行動力をしっかりつけることです。

(ー廣瀬久益先生のアドバイス

 

繊細さを能力とみなす

繊細すぎて辛いので、無意識に自分の感情を感じることを閉ざしていることもあるが

感情の共感能力(エンパス)があり、自他の感情のキャッチ能力が高いと考えることもできる。

うまく生かすと人の面倒をみることに向いています。人が心配そうな顔をしていたら雰囲気ですぐわかり、自分のことのように話を聞いてあげられます。

 

香りを嗅いでみましょう(アロマテラピー

イランイラン

  怒りや緊張をほぐして、心をリラックスさせてくれます。


クラリセージ

  ホルモンの影響で感情コントロールがむずかしい場合に良いので特に女性におすすめ。


ジャスミン

  幸せを感じる時に出るドーパミンが分泌されます。


ローズ

  抗不安作用がありネガティブになりやすい感情をコントロールし、自分に自身をもたせてくれる香り。

 

 

 

鼠径ヘルニアになりまして③ おすすめ療院レビュー

どうしても手術をしたくない!

そんな願いから訪れた、姿勢の医学 身体バランス法『かわの療院』さん。 www.kawano-s.com

 

 現在、7回目の治療を終え、通いはじめて約一ヶ月程になりますが、とにかく、来て良かった!です。

 

こちらに通う前は、

外出の際はガードルで押さえないとでしたが、それでも結局“ポッコリ”が出てきてしまうんです。そうなると横にならないと戻らないし、そのままでは腰や足まで痛くなる始末。。。本当に憂鬱でした。

 

それに常に頭の中に、

いつか手術をしなくてはいけない・・・、

おなかの中にポリプロピレンのメッシュを入れなきゃいけない・・・、

という現実があって、それが本当にストレスでした。

 

もともと、10年前から子宮内膜症という病気になってしまい、それが原因で卵巣に経血がたまってしまう卵巣腫瘍•チョコレート嚢腫ができて、だんだん大きくなって最後は7cmになっていました。

それでも、手術だけは最後の手段にしたくて、漢方や針・ハーブやアロマ・運動や食事療法など、ありとあらゆる方法でがんばってきたんです。

 

それなのに、こんな小さな事で手術なの??と、落胆してました。

 

それが!

まず、『かわの療院』一回目の治療以後、既にもう戻らなくなり固くなってきていた“ポッコリ”が、やわらかくなってひっこんで (これ、すごいことですよ!)、痛みからも解放!されたのです!

 

今では、あえて触らないと何も感じないし普段は存在すら忘れています。

触れば、かつてヘルニアが飛び出した痕跡と軽~い違和感のようなものを感じるだけ。

長時間の立ち仕事をしても、全く再発しません。今までのつらさがウソのようです。

 

かわちゃん先生が言われていた通り、わたしのヘルニア(脱腸)は、体が歪んでバランスを失っているという原因があっての結果だったわけです。

原因をほったらかして、手術という荒療治をしなくて本当に良かった!感謝です(涙)。

 

もちろん、同じ鼠径ヘルニアと言っても原因はさまざまですし、患者さん本人の体質やその他いろいろな要素が関係しているため、すべての患者さんに私と同じ結果を期待できるとは言えないようです。

 

とはいえ、こちらの療院さんでは、患者さんそれぞれの不調の原因と、それに対して体本来が持つ治癒力を高めることに集中してくれますから、永い目で見て体全体が健康を取り戻すことを期待出来ます。

 

たとえば私の場合も

ヘルニアだけではなく、他にも嬉しい副産物がありました。

 

まず、しつこい便秘が改善しました。

それから、寝つきと眠りの質が良くなりました。

そして何よりも、10年来の悩みだったひどい生理痛が、今月は全くなし!。

これは画期的なことです。何故って、何年もかけて生理痛改善の努力をしてきましたが、「なんとか薬を飲まずに乗り越えられたかなァ・・・汗」程度までの改善でそれ以上はなかなか良くならなかったからです。

それが、今回は、いつもなら痛みやだるさで生理始まりの合図になっていたものが全くなかったものだから、不意うちで生理が来て慌ててしまったくらいです。

これは本当に嬉しい驚きでした!!

次回以降の変化が楽しみです。

 

たぶん、ここまでの変化が出たのは、かわちゃん先生が、わたしの『尾てい骨』の古傷に気付いてくれた事が大きいと思っています。

自分では忘れてしまっていたというか、気付いていなかったような、何十年前のケガです。

そんな古傷がわたしの体の不調に影響している可能性と、自分でそれをケアする方法も教えてもらいました。

押し付けがましくない細やかな生活指導も本当に役にたちました。

 

先生の施術と療院の雰囲気すべてが、優しく、ほっこりあったか、心癒されます。

 

まさに『木を見て森を見ず』の真逆のホリスティック医療を実践されています。

 

体と心のゆがみをとってもらうことで、姿勢が良くなり、非常に心地よくなりました。

何よりも、『病気』というものをどうとらえたら良いのかを知るヒントをいただき、人間って素晴らしいって思えるようになります。

それってすごいパワーになるんです。

 

 

このままいけば、7cm以上ある卵巣腫瘍も小さくできるのではと、期待満々です。

またいつか良い報告が出来るよう、焦らず急がず、体と心全体を整えて行こうと思っています♪

 

名古屋市昭和区にある『かわの療院』さん、

病院で攻撃的な投薬や手術を受ける前に一度相談される事をおすすめしたい療院さんです。

www.kawano-s.com

 

 

irene43.hatenablog.com

 

irene43.hatenablog.com

 

 

 

 

 

大丈夫!

『人間は治るようにできている』 

 

 福田稔先生のホームページで見つけました。

急いで安易に病院の治療や薬に頼らないこと。

時間をかけて、からだとココロを休め、人間の持つ本来の力をまず信じること。

それが大事なのかなあと思いました。

鼠径ヘルニアになりまして② 手術したくないからまずは整体

ようやく、その後のヘルニアの様子を書ける・・・

 

というのもここのところ、夜が眠くて眠くて、朝も眠くて眠くて、寝てばっかりだったもので時間がありませんでした。

 

鼠径ヘルニアになりまして①でも書いたように、わたしは手術を最後の手段にしたく何か良い療法はないものかと調べていましたが、やっと見つけた整体院も千葉で遠すぎる。。。しかも、出てきた腸(と思われる)がしっかり戻らなくなり、自分でインナーマッスルを鍛えようとしたのが災いしたのか、根本が締め付けられ、患部が固く痛くなってきた。汗

※▼千葉の整体院さんはこちらです。近い方にはおすすめしたいです。 

鼠径ヘルニア・脱腸は体操療法(整体)で改善・治療 双葉整骨院 千葉、松戸、八柱、新八柱

 

どうしよう!!と思っていた矢先、友人がとある治療院を紹介してくれました。

わらにもすがる思いで、友人とその治療院を訪れました。

名古屋の治療院はこちら。レビュー※も書いてます。ご覧ください♪

整体 名古屋市昭和区 かわの療院 | 桜山駅、御器所駅の整体院

「かわの療院」レビューはこちら。

鼠径ヘルニアになりまして③ おすすめ療院レビュー - からだとココロにいいこと日記

 

 

どうもわたしの場合

身体のゆがみが影響していたようです。

 

インターネット上にあふれる情報もどれを見ても、手術でしか根本的な完治はないとかかれていたので、あまり大きな期待はしていませんでしたが、こちらの治療院では

「確かにヘルニア(脱腸)を整体で治すのは簡単ではないが、身体のゆがみを取りバランスを取り戻していくことで、ヘルニアだけではなくいろいろな不調が改善されるだろう」とのこと。

 

もともと、西洋医学の限界を感じていた私は、根本治療と予防を目指す自然療法に興味があったことも手伝って、この時点で既になんだかホッと安心してしまったのでした。不思議ですね~。治る気持ち99%でした。

 

治療第1回目で大幅改善!

な、なんと、たった一度の治療で、びっくりするほど状態が改善!!

まず、最初にそれに気付いた頃と同じぐらいやわらかくなり、それと同時に痛みがなくなりました。

 

最近は、買い物にいったり散歩したりしているだけで、ぽこっと飛び出したふくらみ部分が固くなりだして、その周辺や太ももまでもが鈍痛を感じて、横になって休まなければならないほどでした。

 

それが、この治療第一回目以後、まったく痛みがなくなり、日常生活に支障がなくなったわけです。本当に不思議なくらい楽になりました。

 

まず、直後、ふくらみをさわると「かちかち」に固かったぽっこりが、ぷよぷよしているのです。これは、鼠径ヘルニアに気付きはじめたころの状態です!しかも横になると引っ込んでくれる!

 

家の中を歩きまわっても痛くないし、翌日以降、なんと、ヘルニアのことを忘れてうごきまわって一日を過ごせるまでに回復。。。。

 

正直驚きました。

 

この変化の原因を、一言で説明することはできませんが、身体のゆがみをとったりバランスを取り戻したり気持ちを整えたり、いろんなことが関係しているのだと思います。

このまま治療を続けて、日頃の生活でもっと体をいたわることを怠らなければ、他の問題、私の場合は卵巣嚢腫子宮内膜症も改善していくのではないかと期待しています。

 

とにかく、この治療をきっかけに、自分の姿勢がいかに悪いかに気付かせてもらいました。これまでも姿勢は身体の歪みにつながり良い事はないことを知りつつも、仕事柄、デスクにかじりついていることが多く、気が付くと足を組んだり体をねじったりする癖をやめられずにいました。

今回は、ヘルニアが、「もうあなたいいかげんにしなさいよ!」と叱ってくれたのだと思います。苦笑。

 

まだまだ、安心はできませんから、運転中・仕事中・友人とお茶している時・料理中、いつでも姿勢に気を付けねばと思います。

身体ってけっこう癖になっていますからね。。。。

 

続く・・・

 

irene43.hatenablog.com