からだとココロにいいこと日記

子宮内膜症・卵巣膿腫・生理痛、鼠径ヘルニア、その他不調を改善すべくいろいろ調べてみたことやってみたこと。

女性とバターコーヒー

f:id:Irene43:20170118161332j:plain

我が家では早くも5kgグラスフェッドバター、2つ目を購入致しました。

 

夫はせっせと毎朝バターコーヒーを作り飲んでおります。

おかげさまで、お昼まで快調に動けるそうです。

実は、わたしも在宅で仕事をしているので、午前中のほとんどをPCに向かって過ごしています。以前は頭が回らずなかなか仕事がはかどらず困っていましたが、最近はこの「バターコーヒー」のおかけで、明らかにてきぱきと仕事をこなせるようになりました。

友人にも、バターコーヒーの素晴らしさをついつい語ってしまいます。

 

ところが、ここのところ、体調にちょっとした異変を感じ始めたのです。

数年前から「乳製品断ち」をし、数ヶ月前からは「小麦粉断ち」をはじめたおかげで、それまで悩まされていた女性特有の生理前症候群が緩和されていたのにかかわらず、

最近、生理前の「胸の張り」が戻ってきてしまったのです!

 

最近の「油脂に対する常識」の変化に伴って、チーズやバターを取り入れるようになったからか??

いや、でも油脂はすべてグラスフェッドを選んでいるから、成長ホルモンの影響などないはず・・・

 

気持が揺れながらも、日々バターコーヒーと「寝酒」と称してデイブさんが勧めるバターとココナッツミルクを撹拌したノーコーヒーバニララテをやめられずにいた矢先、あまりにも生理前の胸の張りと痛みが増してきたため、夜のバニララテをココナッツミルクだけに変更しバターコーヒーも朝一のみ、しかもあまりお腹が空いていなければバターをなしでココナッツミルクのみで撹拌して飲んでみました。

 

すると、明らかに胸の張りが退いているのです。

まだ根拠ははっきりしていませんが、

確かに、大さじ1~2杯のバターを毎日というのは多いかもしれません。

糖質制限に詳しいドクターのウェブサイトでは、女性は特にケトン体質に変わりにくいということが指摘されていました。

 

また、やはり、バターコーヒーを症例しているデイブさんはアメリカ人ですから、農耕民族のルーツを持つ日本人である私達は、慎重に取り入れていく必要もあるかもしれません。やはり適度が良いですね。

 

人種だけではなく、同じ人種であってもそれぞれ体質もありますから、自分の体と良く相談しながら食べるもの取り入れるものを調節することも大事だなと感じます。

 

それにしても、バターもチーズ(両方フランスかニュージーランド産のみ)も以前よりかなり取り入れていますが、そのほかの問題は生じておらず、比較的体調が良い状態は保っています。

生理痛はほとんどなし!です。

 

やはり、小麦粉の影響が一番大きいと実感しています。